妊婦と子供
妊婦
足のむくみが気になる妊婦

妊婦にとって悩みのたねのむくみをウォーターサーバーで解消!むくみは正しい水分補給で解消する、むくみの原因やその症状を詳しく解説しています。さらにはむくみに効果的なウォーターサーバーとミネラルウォーターの紹介をします。

妊娠をすると足がむくみがちになり、出産をむかえるまで悩まされることも少なくありません。妊娠中の女性がどうにか症状をやわらげたいむくみには「水」が大きく関係しています。よく水分をとるとむくむなどという話を聞くかもしれませんが、実際のところは違うようです。そこで今回は、妊婦の足のむくみ解消法を、むくみの理由とともにご紹介します。

むくみの原因とは?

足のむくみ むくみとは血液中の水分が血管の外ににじみ出して皮下組織内に溜まってしまう現象のことを言います。むくみは漢字で書くと「浮腫」で、「ふしゅ」と呼ばれることもあります。

水分が血管外ににじみ出るのは血液と細胞組織内の液体の浸透圧のバランスが崩れることが要因ですが、この浸透圧バランスが崩れる原因としては炎症反応や腎疾患、肝疾患、そして妊娠を挙げることができます。男性と女性とを比較すると圧倒的に女性のほうがこのむくみに悩まされている割合が多いものですが、特に妊婦の場合には、足のむくみで悩むケースが多くなっています。

むくみには全身的なものと局所的なものがありますが、妊婦でよく見られるのは下半身、特に足のむくみです。足のむくみの症状はいつも履いている靴がきつくて入らなくなった、足がだるくて重苦しい感じがするといったものが一般的ですが、むくみがひどくなってくると指で足を押して手を離してもへこみがそのまま残るほどになります。

妊婦というのはただでさえつわりや身体の変調、気分の変化などで調子が通常とは異なっているものですが、これに足のむくみが加わるとかなり辛いものでしょう。妊娠期間をできるだけ快適に過ごすためにも足のむくみを和らげる解消法をできるだけ日常生活に取り入れて実践していくようにしたいものです。

むくみの原因は水分の過剰摂取が原因ではない

むくみ解消に水分補給する女性 妊婦の足のむくみというと水の飲み過ぎが原因だと思っている人も多いようですが、水そのものは体液のバランスを整えてくれますので、大量に飲んでもむくみには直結しません。むしろ体内の水分が不足して少なくなった場合にむくみがひどくなることも多いので、水は随時積極的に補給するのがむくみに対する解消法ということになります。

私たちの体内では絶えず動脈から水分がしみ出ていますが、静脈にはこれを吸収して心臓に送り戻し、むくみを軽減しようとする働きがあります。ところが水をあまり飲まないとこの静脈の血行が悪くなってしまい、足のむくみや顔、手などのむくみを増長させてしまうことになります。

妊婦が摂取するべき水分はどれくらい?

妊婦 妊婦が1日に必要とする水の量はだいたい2リットルだといわれています。コップ1杯が200mlだとすると約コップ10杯分に相当しますから、朝と昼で4杯ずつ、夜に2杯ぐらいの配分にするのが理想的です。夜にあまりたくさん水を飲むと寝ている間に腎臓に負担をかけますので避けたほうが無難です。腎臓に大きな負担がかかるとむくみがどんどん悪化してしまいます。

足のむくみに良くないのはアルコールの飲み過ぎです。妊婦は基本的にアルコールをあまり飲まないのが好ましいので、山ほど飲む人はそうたくさんはいないと思いますが、アルコールを飲むと血管の浸透性が高まって水分がにじみ出やすくなりますので注意が必要です。

妊娠が初めての人はいろいろな身体の変化に戸惑うかもしれませんが、足のむくみに効果的な解消法を試してできるだけ快適な妊娠期間を過ごしてほしいものです。

妊娠中のむくみ症状

妊娠初期(4~15週)の妊婦というものは手や足にむくみが出やすくなっています。妊婦は女性ホルモンのひとつであるプロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌が活発になりますが、このプロゲステロンには子宮内膜を厚くすると同時に水分を体内に蓄えるという特性があります。ですから妊娠していないときと同じ食生活をしていたとしても、どうしても手や足のむくみが出てしまうわけです。

さらに妊娠初期のころはつわりに悩まされる妊婦が多いものですが、つわりの最中はどうしても運動不足になりがちです。身体をあまり動かさないと新陳代謝が落ちてしまうため、やはり足のむくみにつながりますので解消法として何らかのエクササイズを行う必要があります。

気にしなければならないのは塩分の摂取量

食塩 足のむくみに対する効果的な解消法は、やはり塩分を控えることです。塩分を多く取り過ぎると、体液のバランスを取るために水を体内に溜め込んでしまうので、おのずとむくみがひどくなってしまいます。

お料理の味付けを薄めにすることはもちろんですが、スナック菓子や加工食品などはできるだけ控えめにすることも大切なむくみ解消法です。ハムや市販のお漬物、出来合いのおかずなどはどうしても塩分が多く、足のむくみの原因となってしまいますので妊婦には向いていません。

市販されている精製されたお塩は、海水を原材料にはしているものの、「イオン交換膜透析法」という方法で、せっかくのミネラル分を90%以上除去してしまいます。これに対して天然の塩にはさまざまな有効成分が含まれており、消化を助けたり血圧を下げたりしてくれるので妊婦の足のむくみのトラブルには最適です。また、天然塩には重金属や化学物質、放射能などを解毒する優れた力がありますのでぜひ精製塩から天然塩に切り替えたいものです。

むくみの原因のひとつに服装も関係している

服装に気をつけることによって足のむくみを改善するのもひとつの解決策です。妊娠初期の妊婦はお腹もほとんど目立たないため普通の洋服を着てしまいがちですが、できるだけ早いうちからマタニティドレスを着ることによって、全身の血流を良くしてむくみを予防することができます。靴もヒールが高いと足先の部分が締め付けられて足のむくみにつながりますので、できるだけヒールの低いものを選ぶことが重要なポイントです。ヒール

むくみによる影響

足のむくみは確かに辛いものですが、だからといってそれが直接お腹の赤ちゃんやお母さんの健康に悪影響を与えるわけではないので、多少のむくみは妊婦につきものだと思って気楽に構えることも必要です。何が何でもむくみを軽減しようと解消法を実践しているとストレスが溜まってかえって身体によくありません。

むくみで気をつけなければならないのは妊娠中期以降で妊娠中毒症の可能性があるときです。病院で尿検査や血圧測定をしてもらってタンパク尿が検出されるなど血圧が高いような場合には、真剣にむくみの解消法を考えたほうがいいかもしれません。

足のむくみでビタミン剤を処方してもらう女性 妊婦で体重の増加が1週間に0.5kg以上ある人や尿の量が異常に少ない人、頭痛がある、あるいは吐き気やめまいにわずらわされている人は医師の診察を受けて何らかの対策を立ててもらうべきです。案外、ビタミン剤を処方してもらうだけでも足のむくみはもとよりめまいや頭痛も改善されるかもしれません。

妊娠時のむくみは妊婦の間だけ続くもので、いったん出産してしまえば治るのが普通です。塩分を控えてレモンやお酢を効かせた調味料で食事を作る、水をこまめに飲むなどといった解消法を実践していけばそれほど心配する必要はないでしょう。赤ちゃんが生まれてきて授乳期間に入ったときもお母さんが減塩をしているほうがいいので、妊婦のうちから習慣をつけておけば楽ですね。

むくみを解消するエクササイズ

エクササイズする女性足のむくみを取る解消法としては足のエクササイズをするのも効果的です。ソファに座っていてもできるような簡単なエクササイズなら、身体を動かすのがおっくうな妊婦でも抵抗なくできるので、ぜひ毎日5分でもいいから実践してみたいものです。

足首をぐるぐる回すエクササイズ

まず、片足を床から10センチほどの高さに上げて足首のところからぐるぐる回します。外回りと内回りをそれぞれ20回、ゆっくりと動きを確認しながら行います。足はまっすぐ前に伸ばさずに膝を曲げた状態で行うのがポイントです。片足が終わったらもう一方の足も同様に回すだけで、足首のだるさが改善されるはずです。腰や腹筋にも無理な力をかけないので、これならテレビを見ながらでも楽にできるでしょう。

妊婦というのはどうしても反り(そり)腰の姿勢になってしまいがちです。この姿勢では骨盤が開きやすくなり、あまり足首を動かさない歩き方になってしまいます。足首を動かさずに歩くことによってふくらはぎが硬直してしまい、下肢に疲労が溜まっていくことによって足のむくみも悪化しますので、座っているときにこれを和らげるエクササイズを行うといいわけです。

足先ジャンケンエクササイズ

もうひとつの簡単なむくみ解消法としては、足で「ジャンケン」を行うというものがあります。床に座って足を伸ばした状態で、両足をそろえてグー チョキ パーをします。あせらずゆっくりと指を動かすことが大事なこのエクササイズは、夜寝る前に7~8回行うといいでしょう。足の指でボールペンをつかんでみる、タオルを親指と人差し指でつまんでこちらのほうにたぐり寄せるといったエクササイズも効果的です。

タオルを使ったふくらはぎエクササイズ

ふくらはぎが辛くてどうしようもないというほどむくんでいる場合には、タオルを使ってのふくらはぎストレッチもやってみる価値があります。まず仰向けに寝て片方の足を垂直に上に上げ、足の裏にタオルをかけて両端を手前に引っ張ります。このとき、膝の裏を伸ばしていないと効果がありません。つま先は自分のほうに倒し、この姿勢を30~90秒キープします。もう一方の足も同様に行いますが、自分で足にタオルを引っ掛けるのが難しいようなときは、家族に手伝ってもらってください。他のエクササイズよりちょっとハードですが、やってみればその効果を実感することができると思います。

エクササイズは他にもたくさんありますが、毎日苦労せずに行えるものをコツコツと行うのが最良の解消法です。いくら効果のある足のむくみ解消法でも、辛くてハードなものは長続きしません。いずれのエクササイズでも行う前にコップ1杯程度の水を飲むと血行が良くなり、よりよい効果を上げることができます。どろどろの血液のままでむくみ解消法を実践しても、老廃物を効率よく排出することができません。

海水浴もむくみ解消に効果的

妊婦の足のむくみを改善する効果的な解消法には海水浴もあります。「妊婦が海水浴に行ってもだいじょうぶなの?」と思う人も多いかもしれませんが、海水浴をすると足のむくみが見違えるほどよくなります。ただ、妊娠12週までは妊婦の体調はまだまだ不安定ですから、できるだけ安定期(16~28週)に行くようするべきでしょう。妊娠初期のうちは波打ち際を散策する程度ならかまいません。安定期の妊婦なら海で泳いでもだいじょうぶですが、医師に判断を仰ぐほうが無難です。また、妊婦はプロゲステロンの分泌が増えており、シミやそばかすの原因となるメラニンの生成も活発になっていますので、日光を浴びるとシミができやすくなっていることを忘れてはいけません。必ず妊婦でも安心して使える紫外線カットローションや帽子を持参することをおすすめします。

海水浴海水にはヨードなどが含まれており、足のむくみを改善する効果が期待できるものですが、身体を冷やしてしまったのでは、せっかくの海水浴の効能も無駄になってしまいます。妊婦はとにかくお腹を冷やしてはいけませんから、水にもビキニはやめてワンピースタイプにします。身体を冷やさないようにする、水着が長時間濡れたままでいることを避けるなど気を付けながら、涼しくなる前に引き上げましょう。

妊婦は転ぶと危ないので、滑りやすい岩場などには間違っても近づかないようにすることが大切です。

スイミングする女性 もともと泳ぐのが好きだからスイミングで妊娠中の体力維持をしたいという妊婦であれば、天候や地理、時間帯に左右されやすい海ではなく、プールでマタニティスイミングをするのがいいでしょう。水圧によって足のむくみが軽減され、足の動きが軽くなるはずです。マタニティスイミングスクールでは妊娠16週から予定日間近までの妊婦が参加できます。全身の筋肉を鍛えることができますので、筋肉の衰えからくる足のむくみなどにもぴったりの解消法です。むくみの解消法となるばかりではなく、ラマーズ法の呼吸法もここで学ぶこともできます。安産を目指すならぜひ通っておきたい場所です。また、マタニティスイミングスクールに通えば、他のプレママとのコミュニケーションも楽しむことができます。

まとめ

足のむくみに効果のある解消法というのは想像以上にたくさんあります。積極的に水分をとりながら、食事にも気を付けつつ、エクササイズも取り入れて、万全な体制で出産にのぞみたいものです。

とくに、妊娠をきっかけに口にするものへ気を使うようになる人もたくさんいます。出産してからも、安心 安全なお水を使いたいとも思うでしょう。場合によっては、妊娠中からウォーターサーバーを活用してみるのもいいかもしれません。

≫ 水道型直結型ウォーターサーバーでは、COOL QOO(クールクー)も採用しており、従来の使った分だけ料金を払う「従量課金制」ではなく、定額から利用することもできます。出産費用がかさむ妊婦さんには、お財布にやさしいウォーターサーバーとしておすすめですよ!

水道直結型(ボトルレス)ウォーターサーバーおすすめランキング

水道直結型(ボトルレス)のウォーターサーバーを比較し、おすすめの商品をランキング形式でご紹介します。さまざまな側面から比較して、もっともニーズに合ったウォーターサーバーを選んでみてください。

1位 COOL QOO(クールクー)

Coolqoo >>公式サイトはこちら

初期費用4,200円(税別)~
月額費用4,200円(税別)~
電気代月800円ほど
メンテナンス代年1回(無料)
解約金ご契約から36ヶ月以内の早期解約の場合には、早期解約手数料として1年以内30,000円(税別)、2年以内20,000円(税別)、3年以内10,000円(税別)がかかります。37ヶ月目以降/36ヶ月を超えてお使いいただいた場合には、早期解約手数料はかかりません。

撤去費用は、10,000円(税別)となっております。

水道直結型の「COOL QOO(クールクー)」は、大規模工場のろ過システムを採用した、小型のウォーターサーバーです。

水道直結型なので、最初に設置さえすれば、あとは「重たい設置」、「面倒な注文」、「保管が邪魔」などの煩わしさが解消されます。 特に妊婦の方には、「重たい設置」から開放されるので、安心できます。

また、カルキや細菌などの不純物もほぼ100%除去でき、放射性物質まで除去できるROろ過システムでピュアウォーターなのもお腹の赤ちゃんには安全なので、安心してご利用頂けます。

現在、お友達紹介キャンペーンなどもありますので、お得に利用できるチャンスとなっています。

2位 ピュアウェーブ

水道直結で安心安全な温水と冷水が使い放題

初期費用無料
月額費用4,200円(税別)
電気代月1,000円ほど
メンテナンス代無料
解約金3年以内に解約の場合は違約金が発生

「ピュアウェーブ」は、簡単に設置できる水道直結型のウォーターサーバーです。

水道に分岐具を取りつけて、そこから給水するため、難しい工事の必要がないのが特徴となっています。フィルター交換もワンタッチで行えるため、社内で交換するときにも困りません。ROフィルターでろ過された安心して飲めるお水を、定額で利用できます。

3位 楽水(らくみず)

樂水ウォーターサーバー

初期費用無料
月額費用4,250円(税別)
電気代月1,000円ほど
メンテナンス代無料
解約金3年以内に解約の場合は、残り契約月数×レンタル料の40パーセントの違約金が発生

「楽水(らくみず)」は、水道直結型(ボトルレス)のウォーターサーバーです。

さまざまな料金プランが用意されているのが魅力で、ニーズに合わせて料金を比較検討できます。「お手軽プラン」ではサーバー代3,500円で初回設置工事費18,000円がかかりますが、「工事費無料プラン」ではサーバー代4,250円で初回設置工事費無料となっています。

買取プランも用意されていますから、必要に応じてプランを選んでみてください。

この記事をシェアしましょう!